2019年02月23日

ガムで初期虫歯が治る!?

ガムで虫歯が治るなんてそんな夢のような話が…あるんです。※注

今回勉強会で学んだのは江崎グリコ株式会社様のPOs-Ca Fというガムのお話。

食事や間食の度に歯の表面に付着したプラーク内のミュータンスレンサ球菌に代表されるう蝕原生菌が有機酸を産生します。
この酸により歯のエナメル質が溶けだし、エナメル質を構成するカルシウムとリン酸が失われてゆき、初期う蝕が形成されます。
江崎グリコ株式会社 素材に関する技術資料より

なーんて、なんだか難しくてよくわからないですよね(笑)


皆さんがものを食べるとお口の中は酸性に傾きます。
その酸が歯の表面を溶かしてしまい、歯の表面からカルシウムとリン酸が出ていってしまいます。
これを放っておくと歯の一部が白濁するいわゆる初期う蝕(虫歯)になるのです。

今回紹介して頂いたPOs-Ca Fを噛むことで失われたカルシウムとリン酸を取り戻す手助けをしてくれ、初期虫歯を健康な歯に回復することが可能なのです!

私たちも実験してみました。

POs-Ca Fとそれ以外のガムをそれぞれ2分間噛み、唾液を採取。
唾液中のカルシウム量を調べます。

みんな懸命にガムを噛みます(笑)

image1.jpeg

カルシウム濃度が高いほど紫色は濃くなります。
右側がPOs-Ca Fを噛んだ後の唾液。
実験結果はこの通り、一目瞭然ですね。

image2.jpeg

みんなも実験結果を確認します。

image3.jpeg

image4.jpeg

正しい姿勢でガムを噛むと唾液の分泌を促してくれたり脳が活性化されたりと、いいことづくしです。
皆さんも手軽にできるセルフケアの一環としてぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

詳しくはスタッフまでお気軽にお問い合わせくださいね。

image5.jpg

満面の笑みでPOs-Ca Fを持ってくれたのは1月から柴垣歯科医院の新しい仲間として働いてくれているあやちゃんです!
フレッシュな笑顔が素敵ぴかぴか(新しい)

※ガムを噛むだけで虫歯が治るのではなく、歯科医院でのプロフェッショナルケアとご自身でのホームケア、そしてさらにPOs-Ca Fを食後に噛むことではじめて初期虫歯が健康な歯に回復する可能性があります

歯科助手 土橋
posted by shibagaki at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | まきまきちゃん日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185600420
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック